/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

#4 仁義なき社恋      2.16 OA 

色々と衝撃的な4話でした。
坂東の自殺、万里香の罠にはまった仲原。
そして期待してた盗撮田沢のあっけなさ…ある意味裏切りだ。
いじめ側、万里香&安西の狙い通りの筋書きです。

まずは、万里香にとって厄介な人物となるはずだった田沢。
弱みに付け込むはずがいとも簡単に立場逆転、弱み握られてしまう。
弱すぎるよ…そして万里香最強。
「あたし達良い友達になれそうですね…田沢さん」
「で・・・カメラは何台あるわけ?」
万里香の武器に盗撮カメラが加わった。
その武器で仲原のデータ抜き取りを発見。

仲原と美樹はお互いが抱えてる思いを打ち明けられず、すれ違う。
退職のことを仲原に相談しますが、理由があいまい過ぎる。
会社辞めようかと思ってる‥意味を見出せない‥なんとなく…
安西指示で渦中の仲原から見たら、
新人の生半可な気持ちにしか見えないよ、ズバッと言わないと。

「頑張ってるきゅうちゃんが好き」
仲原の言葉で頑張ろうとする美樹と対照的に、どんどん落ち込む仲原。
その2人の隙間に万里香は滑り込みます。
「辛かったですよね、仕事とは言えあんな事しなきゃならなかったなんて。
きっと心痛めてるんじゃないかって、勝手に心配してました。
あたしは誰にも言いません」

あたしだけはあなたの苦しみをわかってあげられるんだよ…的なアピールですね。
裏を返せば、脅しですがな。
自分が仲原だったら
「なんで立花さんが知ってるの?もしかして安西の愛人?怖っ…」と思って警戒するな。

坂東の自殺でさらに落ちこみ、葬儀会場を前にして逃げ出す仲原。
桐野に助言されても、苦しくてお酒に逃げてしまう。
ベロンベロンになった仲原に近づく影は…万里香(ホラーかよっ)
「好きになっちゃいけない人だって、自分の気持ち抑えてました」
傷ついてもいいから今は一緒にいたいです。」

おいおい相手が一番弱ってる時に告白かい、万里香の演技っぷりについ笑ってしまった。


一方美樹は、妹には「お姉ちゃんにはわからない」と言われ、
母親や仲原には「頑張って」と言われ、気持ちの逃げ場がないんだろうな。
大豆の件で同僚からまた責められたし。
そうそう、あの西島はなぜあんなにイライラしてるんだろう。
西島だけは背負ってるものが明確にされてないのよね。
出世へのジレンマ?

一人で抱え込んでる美樹に勇気付けてくれたのが坂東でした。
「どこにいても何をしてもやるべきことをやってると見えてくるものがある
 それは一人一人違うものなんだよ」

…坂東本部長そんな言葉残して、なぜ自殺なんか…
「派閥争いを世間に知らしめて何になる…だったら俺が全部持ってくよ」
2回目に見たらやっぱ自殺匂わせてる感じでした。
坂東の自殺後、悲しみをこらえて自分のやるべき事をやる美樹は良かったな。
坂東と出会えたことで美樹はまた少し強くなったようです。
「私だけじゃないのかもしれない。
 それぞれがそれぞれに抱えて働いてる。」


仲原に貰った部屋の合鍵は、万里香に盗まれる展開を予想してた。
しかし、万里香と仲原の現場に居合わせる鍵になっちゃいました。
ベッドで眠る仲原見つけると、背中からバスタオル撒きの万里香登場。
不実な笑みで「ごめんねぇ 美樹」…とうとう本性を見せましたね。
もう美樹に隠して置く必要もなくなったことかぁ。
てっきり「仲原さんに誘われたの」とか言うのかと思った。
でもこれで敵は万里香だと悟っただろうし…

と思いを巡らせていたら、美樹走る→雨降る→伝票ぶちまける…ベタですね。
そして、ここで1話の屋上飛び降りに繋がるわけね。
でもなぁ自殺する動機がちと弱いような…
恋人と親友に裏切られて、支えを一度に失うショックは感じられなかった。
まぁ自殺は未遂におわり、桐野に助けられるみたいです。
桐野って神出鬼没。


そして佐野。
佐野はある意味、美樹と同じ立場でもあります。
ことごとく梅沢に嫌われてる。
会議にも出して貰えず、イタリア出張も同行させてもらえず。
そんな佐野にワイン部の鈴木は、
「移動は考えてないんですか?
梅沢部長がいる限り佐野さんの思うように…」

と助言しますが、
佐野はイタリア食品部でずっと頑張ってきたのに、
あとから来た上司のせいで自分の仕事を変えたくないと。
うん、部下の能力の妨げになるような上司は無能なのかも。
これも葵商事の体質の一部かな。


さて最後は桐野マネージャー。
今回は少し長めの出演で嬉しい。

坂東と美樹がいる居酒屋に入ってくる桐野にワクワクした。
「何でお前がここにいんだ」
美樹に対して仏頂面、対して坂東に対しては礼儀正しく。
このギャップがたまらない。

「坂東さんが戻ってこれるように必ず…」
「(しつこいからなぁ~)粘り強いと言ってください」
桐野の今までと違う表情も見られました。
帰路は美樹と一緒でしたね。
「お前気をつけろよ」と声をかける桐野は、何を心配してたんだろう。
これ以上気をつけることって一体…
仲原や万里香とのことは桐野は知らないんだよね。
にしても藤木さん髪長いなぁ…

仲原にかけたセリフも印象的でした。
「君じゃなくても誰かが同じ事をさせられたはずだ」
7年前の桐野も仲原と同じような状況だったんだろか…

屋上でのタバコシーンはじ~んと来た。
坂東の回想…
桐野にとって坂東は支えだった。
支えを失くした桐野は大丈夫かに?
…藤木さん、泣くのはやっぱ苦手っぽい。

次回から反撃開始だそうですが、どうなりますか。。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/687-e295277f