/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

#6 負け犬の逆転      3.2 OA 

地獄の花嫁こと立花万里香。
仲原との結婚にいたるまでの作戦は見事でしたよ。
妊娠に動揺し考え込んでる仲原をよそに、
どんどん外堀を埋めていき…ものの見事に上洛させた。
結婚という下地を作っておいた上で、
あくまでも一人で生み育てると健気な女を演出。

美樹に対しても力技でなく、
さりげなく責めて身を引かせる鮮やかな手口。
仲原さんが大変だったのに恋人の美樹はどうして側にいてあげなかったの?
自分はずっと仲原さんが好きだったから、落ち込んでる仲原をほっとけなかった。

美樹に責任転嫁して、自業自得、自分は悪くないと言ってるようだった。
仲原母にも「私を被害者のように思わないで下さい」といい
お弁当を差し出して良妻賢母をアピール?
美樹や同僚や、親まで操る万里香って一体…

唯一正体を知られてる田沢に、妊娠が嘘だと指摘されるんだけど、
先回りして仲原に間違いだったことを告白。
「間違いだった…もう一緒にはいられない(涙)」…駆け引き上手すぎだよ。
田沢が美樹に密告したのは意外でした。
美樹の反応を楽しんでる?謎な存在だ。
勤務中に私用であちこち動き回ってるのが目に付く…仕事はいいの?

仲原の結婚で落ち込む美樹に救いの手を差し伸べる桐野。
自分の力で根をしっかり張り水を吸ってたくましく大きくなれと。
桐野って美樹の為だけにいるような人物じゃない?
リハビリを頑張る妹にも励まされ、
仲原の結婚から立ち直って仕事を頑張るのですが、
これが周囲を変える一つの転機なのかな。

千秋がランチに行く時に美樹を気にしたり、
佐野がワインの入荷数に疑問を持った美樹を見直したり、
成り行きというものの、栗田のDVを知って距離が縮まったり。
栗田が美樹に語りました。
仕事がなかったら、自分にはあの家の中が小さな世界しかない。
仕事は社会との接点。
美樹に、一つのことを長く続けていると色々あるけど、あなたも頑張ってと。
なるほど…

このドラマ、いじめ側に背景があって、
いじめるほうも理由があるといいたいのかなって思った。
でもそうじゃなくて、みんな色々抱えてながら働いてるんだよってことなのかな。
だから一人一人の掘り下げが浅いのかも?
背負ってるものを美樹が解決するのではなくて、その人自身の問題。
一人一人味方を増やしていくんじゃなくてそれぞれが自立した存在。
そういったドライさがいいなと思いました。


佐野は美樹の指摘から使途不明金を発見。
桐野には言わずに梅沢に相談するんだけど、
あきらかに梅沢が一枚噛んでるしょうに~~~~
でも佐野は、梅沢に認められたかった気持ちもあったのかなとも思う。

そこでピンと!
桐野は梅沢の不正を暴く為に本社に呼ばれたのでは?
もしかして、梅沢が桐野の7年前の上司とか?
1話のフェアの時に、桐野が会場外から何かをジッと見てたよなぁ。
そのシーンがふと頭によぎって…なにか意味があったんじゃないかって。


仲原と万里香の結婚式。
万里香の涙、もう嘘臭くて…笑っちゃう。
仲原の前でずっと可愛い万里香を演じ続けるのだろうか。
地獄の花嫁の高笑いはカットなんだね~ちょっと見たかったかも。
高笑いは、
「勝った…私勝ったわ。とうとう仲原さんを手に入れた。
 美樹から仲原さんを奪ってやった、私は勝ち組よ」…って感じ?

未だに万里香がなんで仲原と結婚したかったのか謎だ。


終盤になって現れる大ボスは、やっぱり段田さん。
白石と接触してるし、いじめ問題で佐野を追い出す作戦みたいです。
やっぱり二千万は梅沢の横領ですな。

そして今さら、なぜ美樹のブログ&財布盗みが話題に?
すっかり美樹がやったことになってるね。
この二つが持ち上がるってことは、美樹の濡れ衣は晴れそう。
証拠が残ってそうな2つだし。
財布は田沢の盗撮VTR、ブログは万里香のPCから痕跡を仲原が発見とか?
万里香の真相を知った仲原はどうするんでしょうね。
離婚となると仲原のキャラにそぐわない気もするけど。

そうそう美樹が桐野に
「私に仕事ください」
なに様じゃぁぁ~~~~と思ってしまいました。

激しく納得いかない。
またそれを受けてコンペ企画募集とは…
桐野マネージャー、美樹に甘すぎます。

今回でいじめが終息したかのように見えましたが、
次回からどんな展開になるのやら。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/689-2cbc4a44