/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「人間界で修行ザマス!!」4.17 OA 

思っていたよりも、まともでした。
特に冒頭の怪物界での絵は雰囲気ありましたね。

ですが舞台が人間界に移ると、ちょっとなぁ。
怪物くん可愛くないし…おっさんだし…
おれはプリンスだぞっ!!には思わず噴く。
でも大野さんだから出来た怪物くんでしょうね。
八嶋さんのドラキュラははまってました!
一言多い、神経質そう、でも怪物君のことを思ってる。
フランケンは、もうこの人しかいないでしょうてなくらいチェ・ホンマン。
大きいけど優しい雰囲気でてました。
個人的に狼男は役者さんの方がよかったんじゃないかと。
上島さん、茶のジャンバー着てて
そのまま志村けんのコントに出演しても違和感なさそうだった。
思いついたのは古田さん。
八嶋さんとの掛け合いも面白そうだし、チェホンマンを上手く転がしそう。

ひろしはね顔は可愛いんだろうけど、今ひとつ。
エジソンのケントだったらもう少し味が出たような…と勝手な妄想。
お姉ちゃんははまってました、違和感無かったです。

悪魔界の稲盛さんはカッコよかった。
そして笑いを誘った津田さん、なんか面白がってる?
怪物界の加賀さんや、爺やの半海さんもさすがだなぁと。

あ、かなり言いたい放題書いてしまいました。
あの…お気を悪くされないでくださいね。

全体的に、
怪物界、悪魔界の大人チームと人間界チームで
ドラマのバランスが取れてるような気はしましたね。
ひろしや怪物とゆかい仲間達だけだと、ちょっときつい。
ストーリーにはメッセージ性が込められているので、
その意味も考えると子供向けなんでしょうね。

一応次回も見る予定です。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/713-0247fac7