/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「居場所のない二人」4.21 OA 

やはり室蘭の景色から離れると雰囲気が変わりますね。

室蘭から離れた二人、途中下車した駅でトイレに立ち寄るのですが、
怜南をトイレに連れていくときに、荷物置きっぱなし…
おいおい…忘れてますよと思ったら、お金だけきっちり盗られてしまいました。
施設に向かわせるためとはいえ、世間の容赦のなさとはいえ…ね。
怜南に振り回されて、奈緒のペースが乱されてるのもわかるけど。

お金がなくなった二人は、奈緒が5歳までいた施設に向かう。
そこには奈緒がお世話になった、ももこさんがいました。
廃墟のような施設に一人佇むももこさん…認知症のようです。
ももこさんと遊ぶ怜南がいきいきとして見えた。
ひとりぼっちの怜南とももこさん、そして奈緒。
怜南が、ももこさんとずっと一緒に暮らすと駄々をこねたのは、
一人ぼっちの辛さをしってるから…小さい胸の中でいっぱい抱えてる。

しかし、ももこさんは強制的に連れていかれることに。
「隠れてなきゃだめよ」何か感じ取ってたんでしょうね。
「奈緒ちゃんがお母さんになった」と喜ぶももこさんにもジーン。
小さい頃、子供がかわいそうだから自分はお母さんにはならない…
そう聞いたももこさんは、切なかったんでしょうね。
号泣する怜南にも胸につまりました。
子役ちゃん…うまいよ、感情の波がちゃんと押し寄せてくる。

そして2話になって生みの母親があきらかになりましたね。
鳥好きは母親から受け継いだのか、小さい頃に飼っていたためか。
生みの親、田中裕子さんの最後のシーンに鳥肌立ちました。
奈緒とすれ違うシーンで、
母親は大きくなった奈緒に気付かないのかぁと思ったら、
すぐさま電話ボックスの影から
「よかった…よかった…なお‥」って。
新聞の記事もそうですが本当に心配してたんですね。
そして奈緒に向かって手を振る怜南と奈緒をみての表情…
素晴らしかったです。

1話に比べると少しトーンダウンした印象はありますが、
子役ちゃんや田中さん、ももこさん役に胸をうたれました。
怜南は仕草やセリフが可愛らしくて、そしてドキッとさせられます。
うっかり男の子に「怜南」と名乗っちゃって両手を口で押えるところ。
大丈夫…大丈夫…我慢しなくてもいいよ
怜南ちゃんのママは、怜南ちゃんのこと心配してないよ

奈緒に気を使い、継美の顔から怜南の顔に戻る。
まだまだぎごちない二人だけど、もうひとりぼっちじゃない。、
だから「すきなもの」が出てこないのかな?…ちょっとさみしいけど。

自分としては、このまま二人をそっとしておいて‥と思ってしまうけど、
記者さんは探しあててしまうのかな。

【キャスト】

#1














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/720-cc99e9b7