/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「30年ぶりの再会…事件が始まり私は壊れた」4.22 OA 

結構面白かったなぁ。
主人公の美男美女はまぁ予想内なのですが、三上・斉藤ペアがよかった。
お互いの個性のぶつかり合いが、ドラマを盛りあげていたと思います。

同窓会で再会した男女…中学時代の淡い想いが再燃したりしなかったり?
朋美(黒木)と杉山(高橋)は当時は相思相愛。
しかしお互い思いを伝えあうのが精いっぱいだったんだとか…
淡い恋は燃えやすそうだ。
そして陽子は杉山を想っていて、大久保は朋美が好きだった。
朋美と杉山は簡単に不倫させてもらえるだろうか…
ドロドロしそうですね。

同じく同窓会で再会した福島と真理子は、2次会の後から行方不明に。
官僚の福島が失踪ということで、事件も絡んできそうですね。
杉山は刑事だし、大久保は雑誌編集者…役者はそろってる。
尾美さんいわく「僕達愛しあってしまいました」ちょっぴり笑えます。

45歳の男女のストーリー、年代特有のブラックさも少々ありますね。
「のっぴきならない」斉藤さんのセリフにクスッ。
時代を揶揄したように古臭さもあるけれど、笑うことを許されてる感じがする。

それぞれに家庭や仕事を抱え、人生の峠を越えた45歳。
この先の人生、フェードアウトしていくにはまだ早いぞと思わせて欲しいな。

















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/721-975406fe