/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「消えた息子が堕ちた白い罠!」4.23 OA 

面白かった、特に最後のどんでん返しには、やられました。
1話見てパッとしないかなぁ~なんて思ってたけど、
失踪人…アリだなと。

失踪人…南田春樹
若者グループの乱闘の後行方不明に。
グループリーダーやカラオケ店長など、春樹の周囲にドラッグの存在が出てくる。
アメリカに買い付けに行ったのでは?と疑う中で、関空から再入国。
しかし偽造パスポートの名前に当たる乗客は、女性だった。
実はアメリカで性転換手術をしていたと…
家族に引き合わせて親子の絆、ちょっといい話で終わるのかと思いましたよ。

しかし最後にもうひと展開。
春樹とリーダー、カラオケ店長が密会してる場に高城達が乗り込む。
…春樹はドラッグを渡してる現場。
性転換は隠れ蓑で、やっぱり薬物買い付けだったんだというオチでした。


少年と言えども表の顔、裏の顔がある。
両親の前で泣いた春樹は、どの顔だったんでしょうね。
大人を平気で欺く少年達、それを見破る大人でいなきゃならない。
高城はどの段階で気付いたんでしょう…
そしてリーダーと春樹は付き合ってたのか?(←そんなのどうでもいい?)



#1














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/724-fda6b96f