/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「ありえないキス」5.17 OA 

一体何がしたいんだろう、このドラマ。
木村さんとチーリンさんをお楽しみください…なの?

シュウメイのカタコトがすごく邪魔に感じる。
どうせなら喋れない役にすればいいのに…
そうすればチーリンさんの負担も軽くなるし、表情で見せることができるかなと。
たどたどしい日本語、しかもセリフ量も多いときてる。

2話、舞台は日本に。
シュウメイはホテルに缶詰めにされたあげく、葉月(木村)は会いに来ない。
さびしくて脱出、二宮(篠原)がお守をする。
葉月が迎えに来てシュウメイを飾り、取引先の接待に利用。
葉月とラブラブするはずが、お爺の相手させられて怒るシュウメイ。
ミン(阿部)に電話すると工場に戻っても働く場所はないと。
葉月の約束は嘘だったとわかる。
最後はまたシュウメイと葉月のキス‥‥。

日中合作ドラマみたい。
シュウメイは貧乏で病弱な母を介護してきたのに、ずいぶん自由奔放ですね。
借金もなくなり食べるものも寝るところもある。
母親は施設に預けてあって丁重に看護されてる。
なのになぜさみしいからといって逃げるのか…感情移入できない。
シュウメイが脱出してなぜ二宮が探すのかも???
忙しい二宮を使うなよと…ちょっとムカッときた。


今回の木村さんはヒールだそうで。
そいえば「いい奴」⇔「悪い奴」行ったり来たりしてんね。
でもあんま魅力的じゃない…ごめんよ。

シュウメイが葉月を自分を好きにさせて捨てる計画。
葉月はシュウメイを自分を好きにさせて利用する計画。
…勝手にやってないさい、としか思えないけど。
葉月がそこまでシュウメイにこだわるのかも疑問。
篠原さんと北川さんが、ちょっと気の毒になってきました。

#1












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/764-cec88a92