/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「未解決事件が遺す心の痛み」5.18 OA 

結局、宮田ユキは千山事件現場で阿久津に殺されたってことなのね。
沢井春菜は、書いた手紙をユキに託したばっかりに
ユキが殺されてしまった=自分がユキを殺したと。

…なんつう思わせぶり、2話にかけてやる意味あったのかな。
千山事件引っ張ってきたものの未解決じゃないし。
まぁユキが忍び込んだ場面とか考えたら、自分が色々考えすぎたんだね。
それにこのドラマが事件云々よりも、
巻き込まれた人間の心に焦点を当てるドラマだってこと忘れてました。

しかし、動物殺傷事件の犯人はいただけません。
春菜が泣いてたから…もっと泣かせてやろうと思って?
阿久津に対して憧れがあった。
動物を殺傷してもたいして罪に問われない。
阿久津先生か‥‥
とってつけたような動機だったなぁ。

そして、桜木のいつもの妄想。
あれ…特殊能力もタイムスリップも出来ないのに、
なぜ的確に糸口を見つけられるのでしょうか。
…ドラマだから突っ込んじゃダメなんですよね。
でもあそこだけファンタジー色が強くて、苦笑い。

個人的には、心の痛みと言う割にあまり伝わってこなかったのが残念でした。

#5













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/769-89715e27