/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「中毒」5.18 OA 

ようやく本編始まりました…遅ーい。

速水は自分がいなくても、
救命が回るように人材を育ててたみたいですね。
気になるのが佐藤が言ってた名前のない検査結果。
実は余命いくばくもなくて、賄賂は救命救急のため、
自らが悪となるいい人ストーリーなんてことないよね。

白鳥に自分を潰すのは無理だけど、
田口なら潰せるかも?‥‥というのは、
やっぱ鴨志田が関わってるから?
厚労省の白鳥には無理ってことなのかな。

和泉が勢いで書いた怪文書は和泉自身で捨てたけど、
もう一通が事務局長の手元に。
倫理委員会にかけられ、田口と白鳥が大手を振って探れますね。
ところでこの怪文書書いたの…誰?
和泉の文章から花房の共犯の一文が抜けてる…師長か?
というのはミスリードっぽい。
案外研修医だったりして?…それもないか。


本題浮上でかすんでしまった今回の患者。
ホストの中毒症状。
まさか牛蒡と間違えて他の根(朝鮮朝顔だっけ?)混入なんてありえるの?
しかもなぜそこに植わっているのか?…食べられもしないのに。
農家は、草一本生えてても手入れするというのに。
ま、これ以上突っ込むのはやめとこう…
「つい本音」と和泉が怪文書を破くためのエピソードですしね。

そうそう腰が痛いと入院してきた鴨志田びいきの男。
秘書と何か契約めいたことをしてましたがなんでしょうね。
土地買収か何かかなぁ?

色々と動きが出てきて、次回が楽しみになってきました。

【キャスト】
#6














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/770-2afc5543