/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「恋の罰…神様、許して」5.20 OA 

5話は朋美の旦那、吹越さんに笑わせて貰いました。
朋美の「あなたに恋出来ない…」に苦笑い。
そして旦那が、地獄に行ってくると言って家を飛び出し、
大声あげて 電車に勢いよく飛び込む‥‥
と見せかけてのUターンには大爆笑。

そんな情けない夫は、
情けない姿で(Yシャツにジャージ)で警察に行き、
朋美の不倫相手に会うはめになり、ますます違いを見せつけられると。
警官の前でとっさにシャツをジャージの中に入れたりとか、
何気ない仕草にクスッと笑える。

朋美は娘と杉山とはもう会わないなんて約束するけど、
約束守る気ないでしょう…
自分なら、杉山さんとはお友達だからまた会うかもしれない…って言う。
どうせつくなら、嘘は最小限にとどめる。
娘が納得してもしなくても。
それにしても小憎たらしい子供ばっかり。
最終的にギャップを作るためでしょうか。

杉山の妻は潔癖に磨きがかかり壊れはじめてきた。
アイロンで皺を伸ばしたり、靴を磨いたり…
旦那への疑惑を消したい、修正したいという思いがよく伝わってきます。
息子が家から追い出してしまったけど、
それじゃぁ父親の背中を押すようなものじゃない?
糸の切れた凧はどこ行くかわかんないよ。

そして、
ますます主人公のような風格を感じさせる大久保。
三上さん…カッコよかったですねぇ。
離婚を言い渡された陽子の傷心を受け止めました。

これ以上一緒にいると好きになるから…
強がってるけど、どこか脆さを秘めてる陽子。
愛人の子を見つめるまなざし、
サングラスの下で泣いてる陽子が印象的でした。

…どうもサイドストーリーの方に目が行きがちだ。

【キャスト】
#4













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/782-41adbe46