/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「消えた花嫁! 3000万の行方」5.21 OA 

初めての死亡者…
今回の失踪人こそは、生きていて欲しかったよ。

愛人の子、母親はアルコール中毒で施設に預けられ、
清掃員として働き、夜はバーでピアノ弾き。
医者と出会い親密な関係になるが、男は家庭もち。

ギャンブルの借金を医者になるための借金と嘘を言い、
結婚をちらつかせ、父親の遺産を女から引き出す。
女は妊娠し、
子どもを産まれては困ると人工中絶薬を飲ませ流産させようと計る。
しかし過剰接種により死亡…

不幸の見本みたいな話。
でも愛情にお金が絡んだ時、
やはり疑うべきだと思うんだけどな。
そして医者が個人輸入した薬を、
母体が危なくなる分量で飲ませると言うのもなんだかな。

その中で救いだったのが異母姉妹と知り合い、
父親の思い出を共有できたことでしょうか。
異母姉妹が話す父親の話を聞きながら、
自分の発表会を思い出していたのかな。
世界的ピアニストの父親が施設の発表会に見に来てくれた。
愛した医者は、
父親のような人物ではなかったのがなんともね。

【キャスト】

#5













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/785-aaf6dac6