/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「禁断の恋銀座No.1ホステス追放盗撮ホテル 」5.23 OA 

どれだけ成り上がってるんだ、純平は。
たかだか2年で出版社にも名を連ねるとは。
お金は腹違いの姉が出したとか。
よく純平に賭ける気になれたよなぁ。


紗也が助けた子供の父親・奈良岡が店に来て、新たな客となりました。
威厳のある客で、奥様は至って普通っぽい女性だったので意外。
しかしいくら子供の命を助けてもらったとはいえ、
旦那がホステスに会いに行くのこころよく送り出しているの?
出来た奥さまなのかな。

美樹は、政治家・藤村の妻が亡くなり元気づけようとホテルに誘う。
そこを以前店に来たカメラマン市村が撮影し、恐喝される。
将来を嘱望された議員、
迷惑かけまいと美樹が用意するとそれじゃ足りないと。
心配して駆け付けた紗也に乱暴しようとすると、
奈良岡が現われ市村を一喝。
出版社に出入りできないようにするぞと。

木内と紗也の会話に耳を澄ませてたし、
紗也のピンチを助ける役目なんだろうと思ってたけど、
出版業界の大物だったとはね。
切ないのは、神保さんがなぜ市村役をやっているのかって…

ここにきて須藤の素性がチラッと出ましたね。
強面の部下と車に乗り込んで、ありゃヤクザだよなぁ。
須藤は薫子というホステスを知ってそうな気もするんだけど…

【キャスト】
#4














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/794-7e056a72