/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「私あとどれ位生きられますか? 命と恋…そして家族」7.10 OA 

可もなく不可もなく…
いつかどこかで見たようなドラマって感じだったなぁ。
主人公も恋に落ちる男の子の行動も、なんとなく予想通り。
まぁ、噴水の中で寝転ぶのは別として。

よかったところは、やはり透明感を大事にしてるなぁと。
相手役は少々物足りないです。
アルバムの写真を愛おしそうに見る母親の真矢さん、よかった。
医者の谷原さんは、妻か娘を同じ病気で亡くしてるのでしょうか。
なにか物悲しげで愁いの表情をしてました。
吉高さんは‥忠実に演技されてる印象でした。

今までこう言った余命ものドラマは数多くありました。
最後の恋をして、最愛の恋人を看取る物語。
多くあっただけに、個性がないとね。
手っ取り早く感動に持っていけそうで、案外難しい。
でも最大の見せ場はあるわけだから、そこをどう描くかですよね。

一応次回も見る予定です。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/827-1c4b7744