/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「涙のおはぎ」7.6 OA 

大滝秀治さんが可愛かったぁ…
なんというか、ほっこりするドラマです。
何もかも失くした女が、
食べることを通して人とつながっていく。
所々に出てくる料理がとても丁寧に作れらてあって、
自分もかくありたいなと…そう思いました。

婚約者も新居もなくした主人公が途方に暮れてベンチで佇んでる。
交通整理のおじさんに声かけられて、
新居で婚約者と幸せの中で食べるはずだったおはぎは、
おじさんの胃袋へと消えていった。
でもそのおはぎは、おじさんの心の中まで入りこんだんだよね。

食べものが単に胃袋を満たすだけのものではなく、
人と人をつなぎ、場所をつなぎ、時間を繋ぐ。
故郷を思い出したり、母親を思い出したり。
だから人は食べることに幸福を感じるのでしょうか。

このドラマを見たら、色んな料理作りたくなっちゃった。
食べる事は楽しい、でも作るのはもっと楽しいんだよ。
次回は太巻き、楽しみです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/828-313c2d70