/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「2つの顔をもつ刑事…凶悪な真犯人を闇で裁く」7.13 OA 

前回の絶対零度と言いフジはこの枠を刑事ドラマの枠にしたいのか、
泣かないとまで遡れば、社会派気取りの枠にしたいのか…

雰囲気は好きなのですが、ちょっと雑だったかな…もったいなかった。
杏さんと錦戸さんが少々浮いてたような気がしました。
いっそのことそういう華は切り捨てて、
地味メンバーでも内容で見せたら?と思うのですが。
今ひとつ登場人物達に惹かれなかったです。

この間まで鑑識やってたじゃんの平山さんは、臨場の高嶋さん風。
そして都合良くモノや資料を渡す、鑑識の倉石もどき(変り者なとこだけ)
相棒の杏さんは、かき回すだけの熱血刑事…だけどキャリア?
そして仏の伊達の堺さん、夜は成仏させる人となり申す。

1話の見どころは細田さんの佐古君の再来。
こういう狂気じみた愉快犯は恐ろしいほど大胆に、緻密に演じられますね。
逆にそのイメージが強すぎて、それでしか呼ばれないのが不幸な気すらします。
エジソンではいい先生ぶりだったのにな。

ま佐古君はさておき、
最初の盗撮事件が後の事件に関わってくるのは予想できたけどよかった。
ただ事件の解決があまり面白くないんだよねぇ。
犯人の父親が圧力かけてきて逮捕できない…
万引きかなにからともかく、殺人はさすがに無理じゃない?

法で裁けない凶悪犯は、仏の伊達さん(堺)が夜の闇に葬ると。
解決で魅せるんじゃなくて、そこが見どころになるのか!
と思ったらあっさり、モヤモヤが残るお仕置きでした

銃で撃つ…シンプルだ…あれ?生きてるじゃん。
えっ、どこに運ぶの?コンクリート詰め?それとも海の藻屑?
まさか無人島に運んでサバイバルじゃあるまい。

なるほど、神隠しです。
この神隠しが誰によるものか、課長の井筒(鹿賀)は気付いてそうですね。

1話ではちょい出だった、ルポライターの片桐(りょう)とマスターの三上(大杉)。
元は刑事らしいので、宮城あすかの兄の事件に関わってたのかな?
伊達は相棒であり親友でもあったので、何か知ってそうですが…
まさか伊達が殺したなんて事はないよね?

まだ1話なのでもう少し見ていこうと思ってます。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/829-ac1ab4cf