/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「君をみつけた」7.19 OA 

夏らしいパッケージのドラマですね。
七光り=虹…面白い解釈でちょっと素敵だなぁなんて。

スカイダイビングでトラブル発生、
木に引っ掛かって助けを求めた女性にまた会いに行く。
物語の始まりです。
まぁ、ドラマですし少しくらいの強引な出会いはね。
でもこのヒロイン主人公の父親のファンで、
手紙やり取りしてるなんて、偶然にもほどがありますよ。

俳優2世の壁に阻まれて、七光り俳優でバラエティでお茶濁してる現実。
俳優の仕事に呼ばれないのを、
事務所の営業のせいにして逃げてるいかにも七光りです。
そんな主人公・大雅(松本)の前にヒロイン・詩織(竹内)が現われ、説教節炸裂。
成り行きでなぜか事務所で働くことになるのね。
詩織が叱咤激励しながら、
大雅が俳優として成長していく話なのでしょうか?
しかしなぜ子持ち?ますます年齢差を感じてしまうよ。

不穏な要素としては新しく入ってきた桜(桐谷)。
引っ掻きまわすような役回りっぽいです。
父・航太郎(伊東)の娘のような気もするけどな。
そして長男の存在も謎。
沢村さんというのが何かありそうで…まさか詩織と?

興味はあまりないけど、夏の月9らしさは漂ってますね。
ただ内容が…爽やかじゃないかも?














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/841-225ccf08