/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「逆ストーカー」7.20 OA 

相武さんのストーカー、なかなかよかった。
予備校生と出会い話すことで、
過去のストーカー被害の傷が癒えはじめていた。
なのにストーカーだと言われ、逆ストーカーとなる。
過去にストーカー受けてた男と同じ立場になっていて、
出会った予備校生に自分と同じ思いをさせていた。
…些細なすれ違いなどで誰にも起こりうる可能性を秘めてますね。

成田の助言から二人は話し合い出口を見つけられそうですが…
ぶっちゃけ、人のことにいちいち首突っ込んでいてよいのか?
なんど捕まりそうになってるんだよってさ、思う。

偽証した小早川は行方知れずのまま、
どうも借金してて近々大金が入るらしい情報はあるけど、
1年立ってたら人の記憶から抜け落ち、成田にとっては不利になるばかり。

検察の真船は弁護士の一人と内通して情報得ている。
五十嵐(佐藤)でしょうか?
これから同僚弁護士一人一人怪しくさせていくのかなぁ。

成田を犯人に仕立た二ノ宮の殺人と放火。
なぜ二ノ宮を殺すのか、なぜ火を放つのか…
1話で二ノ宮は生きてるんじゃないのか?と思ったけど、
その線も薄れてきたような気がした。

今のところ糸口が小早川しかないのに、小早川は行方不明。
成田は何人助けりゃ小早川に会えるんでしょうか。
最終回までに全てが明らかにされるんだろうか。
もし犯人が同僚の弁護士だったらがっくりだ。
小早川だけじゃなくて、他も調べろよ~て思わずにいられない。

ところで真船と謎の少女は事件に関係あるのかしらん?

#2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/843-5cfb6c0c