/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「望郷のきりたんぽ」7.20 OA 

おじいちゃん上京して来ちゃいましたね。
くるみが隠してきた婚約者のことやお金のこと、
残った息子のことも全部ばれちゃった。

おじいちゃんが息子のこと養子にしなさいってのがよかったな。
くるみのことだけ考えたらいわないよね。苦労するって思うだろうし。
さすが孫を育てきったただけあって懐が深い。
頑固だどけしなやかで優しさにあふれてて、いいおじいちゃんだよ。
おじいちゃんのエプロンして料理する姿に、キュンとくるのはなぜ?
年齢を重ねた手のひらで、おはぎを握るのもほのぼのしました。
そう思わせる大滝さん、すごいや。

婚約者に逃げられ途方に暮れたくるみに声をかけてくれたおっさんと、
くるみのおじいちゃんが知り合いでした。(すごい偶然!)

借金作って逃げてるおっさん。
婚約者に逃げられたくるみ。
父親に逃げられた息子。
…実は家出してきたおじいちゃん。
この4人が、きりたんぽの鍋を囲んでるのがなんとも面白い。
それぞれの立場が見て取れ、疑似対決みたいな図になってる。
煮詰まったきりたんぽ鍋が、物悲しい。
せっかくおじいちゃんが作ったのにな。

おじいちゃんはおはぎを持って故郷に帰り、
おっさんは相変わらず帰る決心がつかず宝くじ売り場に。
そこにはなんとくるみの婚約者が!
なにやってんのよ、こんなところで。

くるみは一歩進み、料理教室を始めます。
二人の助手が面白い。

#2













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/844-6e280094