/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「野心派」7.23 OA 

3話は少し趣向を変えて…といったところかな?
夫が自殺しその地盤を受け継いで妻が立候補。
その演説の声に惹かれて、恋をするうぬぼれ…
未亡人、年上なのも一切気にせず、
勝手にボディーガードになったりと野放しな刑事。
いつもは応援してくれたうぬぼれ仲間達だが、
今回ばかりは評判がよろしくない。
それぞれと絡みがあったらしく、栗林はTV討論で泣かされている。
ま、そんなことでとどまるうぬぼれではないのだけど。
その無敵な恋愛体質、アホ宮にも少し伝授しておくれ。

夫の自殺は、青木一族が追いこみ最後は妻のたまえが手を下した。
不正はたまえの父の代から行われていて、尻拭いをさせられたんだね。
とんだ家に婿に来てしまったものだ。
でも夫婦仲はよかったらしく、
この政治家の家でなかったら二人は幸せに暮らせたのかもしれない。
家主のいない家に響く、たまえの声は少し物悲しさがありました。
ま、それをぶち壊すうぬぼれの着信音ですが。

熟年夫婦のしっとりした絆を感じつつ、
うぬぼれのストライクゾーンに疑問を持った回でした。

#2














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/850-70053b6a