/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「協力者」7.27 OA 

やっと動き出したなといった感じですね。
その前に、二ノ宮の殺人容疑の動機に横領が絡んでたこと、
すっかり忘れてました。
1話から見てるのに、なんてざっくばらんに見てたのかと。

4話は親子の話。
ひったくり場面にあったのをきっかけに、
借金に苦しむ男とその恋人、刑事の父親と関わっていく。
成田が弁護士として、
サンライズリースに乗り込み交渉するのがよかった。
多少なりともスカッと出来た。
ただ呂律の回ってない上地さんですと今一つ残念な感じが…
自首するという息子に父親も覚悟を決め警察を退職。
ようやく向き合えた父と息子というわけです。

いよいよ土曜日の正午、池袋西口の待ち合わせ。
成田を呼び出したのは、浅沼だったの?
真船が罠敷いたのかと思ってましたよ。
…しかし成田、逃げてる割に危機感少ないなぁ。
誰かが自分を陥れたのだから、
自分に近づいてくる人間は新犯人の可能性があるんじゃないかい?

横領は浅沼(姜)の仕業、
浅沼と今回のサンライズリースは繋がっている。
小早川も浅沼と繋がってるのかな?
なんとなく横領と殺人は別口な匂いがします。
やっぱ弁護士皆怪しいな。

ところで協力者って刑事じゃなくて浅沼のことなの?
警察やめた刑事が成田に協力して調べてくれるんじゃないのか…。

#3














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/857-15b2bfe0