/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「東野圭吾!! 伝説のベストセラー
  心は38歳、体は16歳の妻」
10.15 OA 

志田さんのPV風なドラマになるのかなと思ってましたが、
丁寧に作られてあり引きこまれました。

バス事故がきっかけで、娘の身体に母の魂が入ってしまう。
娘を失い、妻という立場を失い、夫を愛することもはばかれる妻。
そして自分の人生を手放し娘として生きなければならない。
難しい役どころですよね。
志田さんの演技にかかっているといってもいい。
母親の面影を見てる人に感じさせなくてはならないわけだし。

藻奈美として学校に行った直子は、
娘と付き合っていたらしい彼に直面することに。
そして夫の女性関係に嫉妬する事にもなりそうですね。
藻奈美の気持ちと直子の気持ちの狭間で揺れるのかな。
世間的に平介は妻を失くした夫で、
直子も歯がゆい思いをするんだろうな。

藻奈美の身体に入った直子と夫の平介。
二人を取巻く環境のなかで、
いびつになった家族が進む未来に何が待っているのか。
せっかくの連ドラなので内面をじっくり描いて欲しい。
そして、原作のラストまで描いてくれる事を期待します。
でないと、1話の指輪の伏線が無駄になりますよね。

遺族の会に謝罪に訪れた運転手の妻役の堀内さんがよかったです。
いい役者陣でしっかりしたドラマになってると思います。
どうせなら通常ドラマ枠でやればいいのに・・・














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/875-ee34e4a2