/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「新人刑務官と死刑囚心動かす“絆”物語」10.18 OA 

さすがに月9と比べると・・・キラキラしてない。当たり前か。

見始めは、やっぱ重そうだな・・
とかまえてたけど、時間がたつに連れて引きこまれました。
死刑囚を演じる個性的な俳優さんが魅せてくれました。

伊藤さんは、主人公の役柄にぴったりですが、
伊藤さんと言うと、悩める実直素朴青年というキャラが固定されすぎてて
その部分では、またかぁ・・・と言う気もなくはなく。
まぁね、新設枠でそれなりの題材なのでガッチリ固めてありますね。

死刑制度の是非も入れつつ新人刑務官が目の当たりにした死刑囚達、
最後に大好きな大福を食べて執行された死刑囚、
手紙を書き続け、相手から返事が来た死刑囚、
そして幼い頃憧れた先輩がやってくる。
主人公は彼の真相と向き合うことになるらしいのですが・・・
死刑囚といういわばタブーの中に踏み込むドラマですが、
今後もじっくり見て行こうと思います。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/880-613c82a1