/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「復讐の鬼 愛を捨てる」10.19 OA 

正直あんまり・・・なんですよね。

復讐に燃える女の菅野さん、
不気味なジャーナリストの唐沢さん、
アンニュイな玉木さんや吉瀬さん・・・
魅力いっぱいな役者さんがたが集まってるのに、
今ひとつガッツリいけない。

展開ももう少しスピード感が欲しいような。
あと個人的には、真島が出っ張りすぎると芽衣子の復讐が目立たないかなと。
悪魔と契約した女とインパクト打ち出した割には、
芽衣子がいたって普通の女の子で、底しれぬ恐ろしさが伝わってこない。
・・・緊迫感が足りないのかも。

芽衣子がターゲットしてるのは弁護士。
この弁護士にはめられたんですよね、芽衣子は。
真実などどうでもいいと芽衣子の無実を無視した弁護士。
その復讐に、当時犯行に使われたとされたケーキを送ったり、
弁護士事務所の事務員を揺さぶって脅し
懲戒免職にしようとするが、すでに裏に手を回してあった。
最終的に芽衣子が復讐に利用するのは・・・やはり大切な人。

最初に出てきた車椅子の女の子は、やはり弁護士の娘でしたね。
動物の写真をつかって近づき、充電が切れたといって相手を落とす。
後に写真を送って相手との距離を縮め、信頼を得る。
復讐相手の気づかないところでひたひたと近づき、影に怯えさせる。
いったい芽衣子は娘を使って、
どうやって弁護士に復讐するんでしょうか。

そしてこのドラマで一番楽しみなこと、
芽衣子は堂島にどう復讐するのか・・・芽衣子を犯人にした記者ですからね。
堂島の身辺も語られるでしょうし。
きっとこれが一番の見所になるのでは?
それまでは見続けたいと思ってるのですが・・・


【キャスト】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/881-5f5f53a1