/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「税金ドロボー官僚に喝!」10.20 OA 

期待が大きすぎたかな・・いまひとつ盛り上がらず。
後半ようやく篠原さんの追い込みでスカッとはするものの、
そこまでの持っていき方が面白みに欠ける気はしました。

岡田君演じる工藤が気がついたボランティア青年が鍵でしたよね。
ボランティア・・・とつぶやく工藤が持っていた書類をチラッと見て「ずる見っけ」と。
その書類見せんか~い!と思ってるうちに、物語は解決に向かっていく。

大泉さんと岡田さんが、手帳見せた下りはまさしく水戸黄門を彷彿。
となると社会福祉庁長官や福祉施設経営の夫婦は、悪代官と越後屋ってとこ?
まぁ1話ではわかりやすい構図にしたのでしょうが、
今後も勧善懲悪なドラマになるのかなぁ・・・

大泉さんと篠原さんの掛け合いは、
ハケン効果を狙ったのでしょうが、自分にはあまり・・・でしたね。
逆に桐谷さん辺りの方が新鮮でした。
あと生瀬さんの事なかれ主義というのは珍しい。
でもそれで生瀬さんが活きるかどうかは疑問。
篠原さんと衝突させた方が、二人のキャラが際立つような。
周囲がおとなしめなだけにね。
そうなると大泉さんの役割が無くなるけど・・・・・・

正直このドラマ、
篠原さんでなくても、
・・・仲間さんでも良かったんじゃないでしょうか?

【キャスト】












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/883-fffdd57d