/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「東野圭吾原作~今夜16才の妻を抱く!!」10.22 OA 

平介と直子の夫婦間の問題や、
藻奈美の学校や彼氏のこと、
バス事故の謎と運転手とその家族の真相、
枝葉が伸びてきましたね。

運転手・梶川の妻のタトゥーが意味深。
夫は家にお金を入れてくれなかった、
過重労働なのにその金はギャンブルか女か?
梶川のお金の行方がバス事故の真相となるのかな?
堀内さんの目に涙ためる表情がよかった。
同情を乞いながらもしたたかさや強さが感じられていい。

平介と直子の知らない藻奈美。
平介はどっちに嫉妬してるんでしょうね。
娘を取られる父親としてなのか、夫としてなのか。
どっちにしろ複雑な胸中だよ。

その複雑は夫婦間も同じ。
演出で上手く描写したなぁと感心しました。
「ねぇ・・・しよっか・・」の台詞、志田さんに言わせるのはちょっとね。
藻奈美と直子をシンクロさせて、石田さんの台詞に。
シンクロさせた石田さんは、平介の脳裏にある直子。
平介が目を開けたとき、目の前にいるのは藻奈美。
抱いてるのは藻奈美の身体・・・驚き、条件反射で離れる平介。

このシーンはとても印象的でした。
濁す事無く、シンクロの演出を使って、
丁寧に平介の心情を描写してあったと思います。
たとえ妻でも目の前には藻奈美の身体があるわけで、
平介の驚きと一瞬の罪悪感、
たとえ魂はあっても妻はもういないという落胆。

今は夫側の描写ですが今後は藻奈美(直子)側もあるのでしょうね。
夫、そして自分のこれまでの人生を捨てる描写が。
・・・どっちが辛いんだろう・・・夫と妻。
自分だったらどっちが嫌?と考えたら、
・・・夫かなぁ。

そうそう藻奈美の担任、スカートが短すぎて笑ってしまう。
あとね、升さんの不気味さも。

【キャスト】












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/887-2019a9c4