/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「ここは生きてゆける場所ですか? 人魚姫とオタクの恋」10.23 OA 

なかなか味わい深い・・・噛みごたえのあるドラマ。
哲学的、文学的な雰囲気も漂わせつつ、面白い切り口でした。

山本(蓮佛)が落としたピックを拾ったキュート。
鱗だと・・・人魚姫だと・・・
恋をしたんですよね、山本さんは。
でもそれは山本さんらしくいられる場所じゃない・・・
それは中尾(細田)くんも同じ。
恋の相手は2次元で、そこも中尾君が生きられる場所ではない。

山本さんの恋を人魚姫になぞり、
そしてオタクの中尾(細田)くんの恋をアニメの世界にはめ込む。
誰もが好きな世界を持ち、ハマっている・・・好きなものや、ことがある。
悪い事ではないんじゃない?と先生は言う。

優等生は柄にも無くアイドルオタクだったり、
実は母や姉もアイドル好きであったり。
父親は初めてのデートの記念の割り箸袋を大事にしていた。
先生が電柱オタクで、主人公は鉄塔好き。
そして・・・ロボットに恋をした。

ハマる相手が電柱なら恋にはならないけど、
女の子や男の子だと恋しちゃう?
好きと恋の微妙なライン・・・
でも、昔からミュージシャンが音楽が恋人と言ったり、
車マニアが車を女性に見立てたりしてたよね。

好き・・・の先にある恋。
ハマる・・・ということ。
それをロマンチックな展開で、
広い視野で見せてくれたように思います。

繊細で脆くて悩める時代を爽やかに描いてあり、
不思議といとおしく見ている自分に驚きます。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/889-215c6279