/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「危機!バレた正体…涙を流すQ10に決死の愛の告白!?」11.6 OA 

「次」で始まった平太の夢は、
進路というよりも自分の未来が描けない平太自身の闇なのかな。
その平太が、キュートを抱き締めて生きていくと。
月子の突拍子も無い永遠論、
そんな遥か未来のことで、何でそんなにうろたえるのか?と思いましたが。
すべては消えてしまう・・・
心臓を患った平太だからこそ、リアルに感じたんだろうか。
涙を流すキュートは抱き締めそこないましたが、
今形あるキュートを抱き締められました。

改めてこのドラマ好きです。
爆笑の田中さんがこんなにいい味出すとは驚きだし、
白石さんとのシーンも凄く面白いです。
薬師丸さんとの絡みもいい。
小川を座らせてた場所にゴムの木でも代用できると気づいた柳。
自分じゃなくてもいいのか・・・と小川。
そして思いついた駄洒落を聞いて欲しいが、そこにはゴムの木。
何でも良かったはずが、小川がよかったの瞬間。

あとね、進路を決めた山本に
「なれるものになるんじゃない、なりたいものになるんだ」
「誰の名言?」
「・・・中尾」
のくだりがよかったな。

キュートは回を重ねるごとに可愛くなっていきますね。
喋り方がおかしいと言われて落語を聞くようになったら、
口調まで落語家口調に。

1話を見た時、なんでロボット口調にしたんだろうって思った。
でも最近では、ロボット口調がクセになってきました。
人間との対比に必要なんですね。
日常に異質な存在のキュートを置く事で、人間の性質が浮き立つ。
ロボットの視線で人間や世の中を見て気づかされる。
以前藤木さんが演じられた「ギャルサー」を思い出したよ。
あれもギャルの中にカウボーイを置き、
問いかけるようなドラマでした。

それとロボット口調には、どこかノスタルジックが漂ってるような。
妙な懐かしさを感じるというか・・・なんなんでしょう。

さて前回から関わってきた月子。
その月子が小川家でキュートのプラグになにか細工してましたね。
やっぱり月子が製作者?
その月が永遠を否定してました・・・
最後にキュートは壊れてしまうんだろうか。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/901-a5ba32d5