/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「湖国の姫」1.9 OA 

1話は市がメインでしたね。
まね、3姉妹の土台となるお方ですしね。
でも思いのほかサクサクっと進み、ダイジェストのようでした。

織田信長:豊川悦司
豊臣秀吉:岸谷五朗
浅井長政:時任三郎
市     :鈴木保奈美

徳川家康:北大路欣也
明智光秀:市村正親
おね   :大竹しのぶ

1話で市を取巻くキャストは懐かしかった。
トレンディ大河・・・・と思わずつぶやいたわ。
これで徳川家康が唐沢さんだったらまさに・・・。

そんなキャストと絡みあうベテラングループ。
なんというか・・・世代のギャップに違和感。
岸谷さんの妻を大竹さんが?
光秀と家康は存在感ありすぎて浮いてるような。
家康は後々のことを考えて北大路さんなんだろうね。

いつもの大河と違うぞ!?という印象を強く持ちましたが、
なんやかんや見入ってしまいました。
市と浅井のラブストーリー風なのも・・・笑

これから興味津々なのが市の行方。
確か柴田勝家と再婚するのですよね?
さぁ柴田勝家は誰だ?と探したらば、
えっ?髭もじゃもじゃの大地さん。
(最初は北大路さんが勝家だと思ってた。)

秀吉をさると呼び敬遠してた気位の高い市が、
あの髭もじゃの山男と・・・
その絵面をひそかに楽しみにしておりまする。

そうそう茶々の子役で芦田愛菜ちゃん出てましたね。
茶々の強さの表情はさすがで、隣の子役ちゃんと比べると段違い。
しかし台詞まわしは力が入りすぎてしまってたような。
でもやっぱりかわいいです。
透明感があって、そして自然と目を引く存在感は子役ながらに女優さん。
宮沢さんに交代するまで楽しませて頂こう。

その宮沢さんは茶々と言うよりも市のイメージだなぁ。
それに3姉妹にしてはちょっと・・・
重要な役割で安定感のある宮沢さんというのもわかるけど、
も少し新鮮味のあるキャストで見たかった。

いつまで見続けられるかわかりませんが、しばらく見守るつもりです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/911-11596c0f