/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「女教授殺害予告! 守りたい嘘」1.18OA 
 
1話より面白かったです。
田畑さんの顔を見た時点で、
「犯人見っけ!」と見てる人が思ったに違いない。

犯人、もしくは犯人辿りつくまでに、もう少し捻りがあったらいいのに・・
また犯人と特定するにあたって、
そこを視点を置くかぁ的な裏切りがあったら・・・
そしてなによりありえない、ゴミ捨て場で見つけた血まみれの白衣。
燃やす、自分の行動範囲外に捨てる、
せめてごみ収集の直前に出すくらいはするでしょう、
宅急便を使ってまで隠した物なのだから。
ま、それも熱血デカを演出する為にゴミ探しが必要だったのかなって。

冒頭でのサイン入り絶版本が、一応伏線となってたんですよね。
年13冊も出すほど売れてる本と、絶版本。
そして「だから教授の本は売れないんです」という締め。
ゆるゆるな感じですがまとまってたかなぁと。

あと、小柳保(柄本佑)の明日こそは・・・という
ダメ人間の描写が印象に残りました。
上手くいかないことを他人のせいにして、
その鬱憤を女教授・梶間久美(とよた真帆)を殺す事で、
自分を変えようとするものの・・・やっぱり殺せなかった。
平山美鈴(田畑智子)が果たした最後の詰めを、自分の達成感とする小柳。
目の前に用意された殺人現場に乗っかって、念願の椅子に座れた平山。
梶間に声をかけられて研究生になった平山と断わった小柳の二人が、
シンクロする部分は興味深かったです。

2話の方が面白かったものの、南雲に関しては1話の方がツボは多かった。
瀬川と寺西が飲んでる屋台で、
離れた席でラーメン食べてる南雲がよかったです。
距離感保ちつつ、ついてきちゃったみたいな子犬のようで。
そうそう1話を見た後、
実は南雲はなにか目的があって警察に協力してるのかも?と疑い始めました。
例えば元奥さんか友人が絡んでる事件があり、
未だに解決されてなくて自ら資料を見て探る為に来たのかな?・・・とかね。
これからはそこにも注目して見ていきたいと思います。

【キャスト&スタッフ】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/921-cefbd89b