/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「心理学者対決!! 交換殺人の罠」
 「崩された100%のアリバイ」
2.1 OA
2.8 OA 

2回で完結することとなった交換殺人ですが、
4話がよかっただけに、5話で落胆させられました。
なんという肩透かしな真実・・・吾妻さん(泰造さん)にはガッカリ。

まず4話、冒頭から引きこまれました。
いつもは空気な刑事さん達にも動きがあってテンポよく見られた。
それぞれのキャラクターも印象付けられてたように思います。
・・・ただ藤木さんの出演はいつもより少なかったですが。

今回は4話で謎が散りばめられていて、
最後にただの交換殺人ではないよって終り方。
一週間の間にそれはもう謎説きをいっぱい考えました。

間違いなく犯人は吾妻だろう。
第一殺人が起こったと思われる夜、交換殺人の本を南雲に渡し挑発。
でもそう思わせて、実は嫁なんじゃないかって。
最後のターゲットは交換殺人を仕掛けた吾妻自身だろうと。

そして嫁の仮面説。
瀬川の仮面の下を見抜き、その後嫁はそんな器用じゃないからいいと。
結果その通りでただ吾妻を愛していただけ。
でもそこは捻ってくると思ったんですよね。

嫁の双子説や、吾妻の前妻殺人など色々と頭の中で巡ってただけに、
よもや吾妻が実行犯とは・・・
だってさ、南雲を誘導する為に心理学の行動まで伝授して置きながら、
自分の手を汚すなんてさ。
そして動機。
南雲に好きな人を取られ、将来も南雲に負けたコンプレックス+保険金殺人。
んにゃ~ありきたり過ぎる。
せめて吾妻を撃った嫁が、密かにニヤリでもしたらよかったのに。
結局南雲も吾妻も、
心理学を生業としながら女の心理は読めませんみたいなのがガックシ。
交換殺人からどんな展開が隠されているかとワクワクしたら、
2人→3人の交換殺人なだけだった。

個人的によかったなと思う部分。
吾妻が瀬川に君はペルソナさん、本当の君は・・・
みたいに指摘してましたよね。
吾妻がそう言うって事は、南雲も当然そんな瀬川を見破ってるんでしょうね。
以前寺西と南雲の会話を思い出しました。
「ああ見えてあいつ(瀬川)は・・・よろしく」
「知ってる」

あの時すでに仮面の下の瀬川が見えてて、
そんな瀬川を引き受けてるんだなって。
そう思うと二人の距離感は面白いかもしれません。
変人といわれる南雲の人間的な面が感じられる気がしてね。
・・・自分は藤木ファンなので藤木目線で見ることをお許し下さいませ(笑)

ここ2回で小板橋課長のキャラが育ってきてるかな。
4話では今までの心理学のおさらいみたいなのしてた。
逆に寺西役の横山さんはもったいないな。
瀬川に好意を寄せている役なのに、絡みが少なすぎ。
寺西はいずれメインの回が用意されてそうですが。
泉谷さんや、北村さんとも絡んで、
面白くなっていくことを期待します。

【キャスト&スタッフ】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/934-776f29dc