/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

やっぱこのドラマ面白い。
テンポがいいせいかな?

主犯格は親友面して父親の元へやってくる男で、
同級生を殺したあげく、
その父親の恨みを利用して共犯者達を殺した。
富樫の前で、油をかけられて・・・なんて
不用意な言葉で気づかれるという部分は少々ご都合的だったけど。

銃で殺そうとした場面、
富樫は被害者の父親の言葉を待ってたのでしょうかね?
それともほんとに撃つつもりだった?

前に里中(小泉)だけが「まとも」って書いたんだけど、
視線をずらせば、里中も悪党だったりするのね。
正義とは?悪とは? 何を持って定義付けるか、実にあいまいなんですよね。
ある人から見れば正義面がかえって悪だったりするわけで。
今は堅物な里中も、いつか悪党の仲間入りをするのでしょうか。

今回富樫(高橋)が前島から金を受け取ってましたね。
富樫は前島の駒の一つ?
札束を中華料理のあんかけにぶち込む前島と、
札束から汚れた万札を一枚抜き丸める富樫の応酬は面白かった、
金で飼う犬のように扱う前島に対し、
プライドを見せる富樫の二人の関係性が伝わってきた。

しかし・・・今週は被害者遺族が続きますね。
これって偶然なのでしょうか。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/940-0eefacb0