/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スクール・冬のサクラ・伊良部、見なくなって久しい。
冬のサクラ、なんとなくつけては見るものの、重苦しい雰囲気で消す。
結局リタイアしました。

時間が間に合えば見てるのが「江」
なのですがかなり…笑える?呆れる?大河ドラマになってまして。
いやいや、大河と言うより志村けんさんのバカ殿よりな気もするんですが。
…いいすぎ?ごめん。

でもさ、織田信長が姪の為に亡霊となって出てきて馬の乗り方伝授したり、
枕元にたつなど…どれだけ江をアゲアゲしたいんだと。

歴史など詳しくないので史実がどうかなんてわかりませんが、
あの織田信長が姪の一人ををあそこまで気に入ってたのかどうか。

そして叔父上を殺した明智に対しての物言い。
あの時代に女子が口出しするって許されなかったんじゃないかなって。

おねが城に来てると知り喜ぶ江。
あたし、おねさま好き!
秀吉の奥方ですよ。
でも好きなの!
…江の好き嫌いで描かれる大河ドラマ。
そのおねの元で秀吉に会った時なんて…コメディだった。

極めつけが、清洲城で行われた後継者の評定に聞き耳たてる。
…家政婦か!?
三法師が登場で江が立ち聞きしてるのがばれる場面は、
披露宴でありがちなコントのようでした。
上野さんどうこうの前に、本がどうかしてる。

岸谷さんの猿も、なんとも…な秀吉なんですよね。
最初は秀吉っぽいと思ったのですが、
回を増すごとに居心地の悪くなってきました。

最初に楽しみであった市と勝家の結婚は、
猿に対抗しての政略結婚でしたね。
それにしてもこのドラマでの勝家の存在はかわいそ過ぎる。
マツケンの柴田は男前だったのに…。
見てると「利家とまつ」を思い出しちゃいますね。

信長・秀吉・家康の豪華な時代背景なのに、
江の添え物でしかないのが…残念通り越して笑える。
その名だたる名将達に大きな物言いをする江は、
一体いくつなのでしょうか。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/943-64ad1714