/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「作られた記憶と疑惑の目撃者」2.22 OA 

人間の記憶の曖昧さを焦点にあてた事件でした。
南雲の講義が前フリになるパターンが続いてますね。

予告で南雲教授が襲われてたので、おっ、心理学教授・殺人未遂事件?
それとも教授が恨みをかっていて、それに絡んだ事件でも起きるのかと。
瀬川を使った生徒への実習試験だったのね…ちぇ期待しちゃった。
だけど安斉さん(デコちゃん)の素早さはお見事でした。
せっかく助けたのに相変わらず無視されて、ちょっと可哀想でしたよ。

さて、今回も早くから犯人がわかる作り(笑)
いとこの登場をもう少し遅らせたら犯人探しも出来るのに。

目撃されたのはダークブルーの作業着を着て黄色い工具箱を持った男。
…ダークブルーて。
目撃者がみんなダークブルーと証言するのも不思議な話。
紺色、人によっては青と言う人もいるかもしれないのに。
そういった認識の幅も盛り込めば…なんてね、チラッと思いました。

目撃者の証言と川から出た凶器により、
被害者と交際してた中尾(中尾)と決め付ける捜査員。
それに対し「そうかなぁ」と言い放つ南雲。(毎回言い方変えてる?)
瀬川を使ってまたもや実験です。
南雲に誘導されて証言の翻す町内会長さん、面白かった。
鑑識の木下(佐藤)と南雲のやり取りも好き。
指紋やDNAの質問に答えたあとの木下のどや顔笑いました。

南雲と瀬川がタイヤ痕を見つけ、
誰も知るはずのないタイヤ痕の場所「神社」を青柳から引きだす。
タイヤ痕、作業着、そして中尾に渡した風邪薬の中に睡眠薬が検出。
物的証拠が揃い真犯人は青柳。
動機は嫉妬に駆られて。

感情の反転極化。
強すぎる好意が拒絶によって憎しみとなる。
他の男に指一本触れさせたくない、自分のものにしたいと殺し、
恋人を犯人にしたてあげたと。

…いいたいことわかるけど、ありきたりですね。
被害者の心中の描写がない分動機が弱い気がしてしまった。
それに、犯人にされた中尾君が放りっぱなしで…
せめて喧嘩別れしたことの後悔や、彼女への気持ちを話させてあげようよ。
あのケンカも、青柳が原因だったとかさ。
二人のケンカは会長の記憶に印象付ける為でしかなかった。

毎回ある瀬川の説教は、
犯罪を憎む、父の犯人に対する憎しみによるものから?
となると最終的に父を殺した犯人との対峙がありそうですね。
南雲と岩崎(北村)も、対立が激しくなってきたような。
いずれ二人の対決があるのかな?…あって欲しいです。

今回一番面白かったのが、小板橋課長会見キターー!(笑)
会見内容が南雲のパクリで笑えます。
小板橋課長のキャラ、立派に大きく育ちましたね。

屋台もキター。
南雲、一緒に食べられるまで距離縮めた。でも3人じゃ狭そう。 
寺西の気だるさはなんなのなんでしょうね? 
寺西=無関心は無難にまとめてあったと思います。
チャーシューお代わりの肉食瀬川は、
人間の心理わかるようになってきたと?
3人の関係はこんな感じで進んでいきそうですね。

正直EDが一番好きだったりします(笑)
その中で南雲が折る折鶴の意味ってなんだろう。
平和の祈り?瀬川のお守り?
こっそり瀬川のポケットに入れる南雲の心理とは…。

【キャスト&スタッフ】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/945-611cc641