/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

LADYと言うのは香月の父親の事件の犯人からきてるんですね。
そのレディキラーと香月が戦うことになるわけだ。

このドラマやっぱ嫌いじゃないです。
今回も面白く見れましたし…
ただ最後のつめが端折りすぎな感がある。
そりゃプロファイラーが主役だから、
犯人逮捕の部分は蛇足かもしれないけど…さ。

香月のミスにより万里江(須藤)に傷を負わせた。
その後チームが香月を引っ張るようにプロファイルを進める。
犯人を特定するまでの過程は好きです。

犯人が追いかけっこの映像を流した映画館。
そこの監視カメラに写った犯人に笑ってしまった。
…なにその目印? (笑)
カバンに赤いスカーフが結んであったのよ。
そして香月が自信満々に「この男です」って。
プロファイラーじゃなくても、全員気づいてるだろ~~って(笑)

そこからの端折りがすごくて。
犯人が追いかっけっこしてるさなかに逮捕、
犯人が赤いスカーフの女性を捕まえる前に、
自分が捕まってしまったというオチにちょっと笑ったよ。

そして柘植、藤堂(小沢)となにやら密談していた理事官。
藤堂がもう守れませんよといった矢先に殺されてましたね。
殺された理事官・柘植・藤堂・結城…そして香月の父。
10年前になにがあったのか…レディーキラーとは?
ドラマもそろそろ最終幕に突入のようです。
いなくなった妹が鍵を握っているのでしょうか…まさか?

北川さんはクールな部分はいいのですが、
人間的な弱さを見せる部分は伝わってきづらいかな。
香月の根底にある信念があまり感じられないというか…
その前に茶髪やファッションが目だってしまいがちですし。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/949-70570ed6