/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「コントロールされた誘拐事件」3.15 OA 

いよいよ最終回を残すのみとなりました。
不思議です…最初はあんなに不満ばっかりだったのに、終わるとなると淋しい。
徐々に周囲の刑事にも個性が出てきて面白くなってきたんですけどね。

さて、10話・11話は南雲がコントロールされ、
瀬川父の犯人の指紋も出てきて、2つのエピソードが並行。
となると誘拐事件の関係者に、瀬川が追っていた犯人がいる可能性が高い?
最後ですし、ちょこっと推理。

<誘拐事件>
南雲が脅迫され誘拐犯に操られる形になりました。
車にいたのは、目の上に傷のある男(事件後毒殺)と運転手。
運転手は安斉千尋?

南雲が警察に協力してることを知っている。
安斉父の会社の内部事情を知るもの
脅迫電話の「千尋は死にます」「千尋の命は亡くなります」
・・・名前を呼ぶのに違和感。親しい人物or本人?
事件全体が狂言誘拐のように感じました。

怪しい人たち
■安斉父
会社の経営が苦しくなって狂言誘拐を? 
娘とは仲が悪くては何かの伏線? 
ほんとは仲がいい、仲が悪かったけど父の計画に協力とか。

■安斉千尋
父に協力、もしくは父の愛情を確かめたくて単独計画 南雲に避けられた恨み?

■秘書
大物な感じがしないけど、安斉の会社を乗っ取ろうとして計画?
ただ安斉に協力か?

やっぱりこの3人が怪しいわけで。
殺された男はただ利用されただけっぽいですが、
狂言誘拐で殺人をしてしまうのは腑に落ちない気もします。
個人的には安斉千尋がいきなり黒になるのも腑に落ちない。
でも南雲を利用する案は千尋以外出ない気がする。

そしてキャリーケースを運ぶ3万アルバイトの男。
ただそれだけのための配役には思えない。狂言でなければ犯人かも。

<瀬川の父殺害>
別件の事件で、
書店の客の中に8年前の瀬川の父を殺した犯人の指紋が。
・・・書店ねぇ
誘拐事件の関係者の中にいるとすれば、秘書、安斉父、運ぶ男、目傷男。
すでに死んでしまった目傷男は無しとして、運ぶ男が一番匂うかなぁ。
盛り上がり的には安斉父だろうけど、
さすがに8年前に万引き殺人、今社長というのもね。
書店で指紋という観点からも、秘書か運ぶ男かと。


最後の話でまさか教授に子供がいる設定になるとは思わなかった。
毎月養育費送れてるんだろうか‥とかリアルな教授の生活を考えてしまう。
子供がいたことで、教授の人物像が少し変わってくる気もするのですが。
最後になって後付けしたんでしょうか。

そしてタイトルのCONTROLの秘密…まるでLADY(笑)
でも犯人が南雲をコントロールし、
南雲は捜査をコントロールする。というのは面白かったです。
そしてその中で、南雲はなにか気づいてるはず。

最終回前にしてようやく(?)ワクワク気分を味わえています。
終わってしまうのがとっても残念ですが、
最終回、思い切り楽しませてくれると期待してます。

【キャスト&スタッフ】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/958-bc85b22b