/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

玩具のピアノと乱れた足音 ◇ 4.13 OA  

なんとなくしてた予想を大きく外さないドラマでした。
自分のアンテナに引っかかる事に一直線、
真面目さゆえに周囲から浮いてる糸村(上川隆也)と、
そんな彼を上から目線でみる周囲の刑事達。

特に残念だったのが佐野さんのキャラ。
テレ朝にありがちな主人公に敵対心を持つ刑事なのですが、
コレでもかぁというくらい大味な刑事で…
デカワンコの刑事役が印象に残ってるだけにね。

あと大杉さんも、テレ朝刑事には欠かせないお方ですよね。
このドラマでは糸村に一目おいてる人物なのですが、
なにか裏のある人物のようです。
糸村が協力要請した音響研究所の江藤の名に取り乱してました。
江藤との間に確執でもあるのか、過去に何かあったのか…

とりあえず1話は見たものの、見続けるかどうかは…
遺留品に元に最後は感動系に持ち込むのも王道ですし、
これは!?と目を見張るものがなかったかなぁ。
「ここは笑うとこだろうか…」と悩む、
微妙なコメディっぽいところもありましたが、
どうもスパイスとして物足りない。総じて無難としか…

上川さんは、それこそJINのようなドラマの方が映えるような気がします。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/962-d057d777