/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
君とやり直したい…元彼の正体 ◇ 5.2 OA 

ようやく話が動き始めた感じ。
これ1話の最後で3話のラスト持ってくるくらいの展開にして欲しかった。

さて矢代が春菜の元彼と判明したわけですが、
だからといって、この先の展開にワクワクしないんだよね。
春菜を巡って矢代vs小松原のバトル、小松原の援護には純平。
ま、矢代の援護は自分が引き受けます(笑)

それにしても、回を増すごとにラブコメから遠ざかってるような。
謎こそあれ、もっとふんわり軽くて温かいドラマになるのかと思ってた。
だけど、登場人物裏表激しいし・・・ギスギスさえしてる。
桜木さんは意外と腹黒いし、矢代は恋敵として悪く描かれてる。
かといって純平もどうよって。

ボーリングのシュミレーションデート。
「邪魔です…はっきり言って」
プロのアドバイザーなんだからもっと言い方ってもんがあるだろう。
有料物件が退会したら所長におこられますよ。
そもそも何で元彼云々知らない純平は、
春菜に小松原をマッチングしたんだろう…ハードル高いでしょうに。

「バカにしないでください」
「帰ってください…デートの邪魔なんで」

小松原のためというより、
個人的な春菜への想いから言ってるように聞こえるよ。

「お邪魔しちゃってすみません。
彼女が小松原さんを選んだんで嫉妬してたんです」

ちゃんとフォローしていく矢代…案外悪いやつでもなさそうだけどな。
矢代が大人な対応する分、純平が感情的に感じます。

今回、矢代の奥さんの表情が意味ありげでした。
矢代の女関係を勘ぐってるのか、それとも自分にわけありかな。

そうそう、純平の親友上野の入会の時の台詞が矢代と同じでしたね。
美人と巨乳の違いはありましたが。
矢代の台詞を踏襲するのは面白かったです。
ブチ切れする桜木ですが、客にあの態度はまずいでしょう。
純平といい、どうなってんだこの相談所。

小松原さんこと大倉さん、コミカル請負人になってますね。
とっても輝いてました。
サイドストーリーの父と母は、春菜と純平をよそに接近中。

さて春菜の元彼が矢代だとわかり、どうでる?純平。

【キャスト】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/969-3ab48df3