/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新ドラマ2本立ての火曜日。
絶対零度を見てる途中でどうやら寝てしまったようです。
なんどか閉じた瞼を開いて、頑張って見てたのですが…
早朝5時起きが響いたか?

途中までですが、絶対零度。
雰囲気がガラっと変わりましたね。

サッカーの緻密な戦略のような組織的捜査が緊張感をよび、
桜木の「のろまな亀?」が浮き彫りになる。
桜木の特色を否定する瀧河(桐谷)との対比が見どころでしょうか。

白石(中原)さんが、
今さら潜入捜査に加わるのにどうも違和感がありました。
そして時折でる前作チーム、
どの人物がどの部署なのかわかりづらい。
倉田(杉本)と高峰(山口)は分析班に移動みたいですね。
高峰はともかくなんで倉田が???

そのあたりをSPの最後で触れてくれたら、
新たなドラマとしてすんなり見れたかなと思いました。

まね、未解決を続けるには手詰まり感があって、
潜入捜査なら新たな登場人物で話が作れるし、
上戸さんのコスプレも…って感じだったのかなぁ。
なんか自分、穿った見かたしてますね。
でも続編じゃなくて、
瀧河主人公の潜入捜査のドラマでもよかった気がするんですよね。


バチスタは、
遠くの方でグッチと白鳥の声が聞こえる…
そんな記憶しかございません。

来週はちゃんと見る予定です。
(昨日だってちゃんと見る予定だったんだけどね)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/979-d07f436c