/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

ようやくブルーレコーダーが使えるようになりました。

実は3週間ぶりに戻ってきたレコーダーに、
以前と同じ症状が出て、再修理になりました。
…とことん機械運の悪い自分です。

再修理は訪問してくださる事になり、
症状を見ておそらく引き取っての修理になるだろうという事でした。
早く直してもらわないと困ると訴えると、
再修理ということもあり期間は1週間くらい。
しかし訪問日は5日後…ドラマ初回(シャドー)に間に合わないと覚悟。

当日、見てもらうとやはり前回と同じ症状と判断。
どれくらいかかりますか?と担当にも聞いてみる。

「1時間くらいで直りますよ」

はぁ~~~???(心の声)
基板ごと取替え、
HDD中味も消えるのでついでにHDDも変えてくれました。
当日直るなんて思ってなくて、嬉しい反面なんだか肩透かし、
そしてもう一日早く来てくれたら
「笑ってこらえて」が消えることもなかったのになと。
ゲンキンなものです。

出張修理、3千円。
3週間待つんだったら、
3千円出すからと頼み込んで出張してもらえばよかった。
録画チェックもしてくれるし、配線もやってくれる。
殆んど現場で修理できてしまうと言ってみえました。
もし引き取りになっても代替品貸してもらえるかもしれない。
(TVの話も出てたのでTVだけかもしれませんが)
そしてなにより、直接会ってお話出来るのがいいです。


今回の修理では延長保証会社に何度も電話することになり、
自分がクレーマーになった気がしました。
でも、レコーダーのように日常的に使用するもので、
3週間というのは やはりかかりすぎだと思います。
ソニーの方は1週間で直るというのに…

今回お願いしたTWGワランティーは、
ミスターコンセントが委託先になってるようです。
修理の送り先も送り主もミスターコンセント。
再修理でソニーからの電話でもミスターコンセントからの依頼だと。
委託会社を経由することによって日にちがかかるのでしょうか。

修理に際して、メーカーの保証規約に準ずるという延長保証会社、
なら修理期間もメーカー並にして欲しいものです。
最初に最長で3週間、
修理内容いかんではもう少し早くなると言ってたのが
3週間過ぎてもこなくて催促したら今日戻ってきますなんて、
蕎麦屋の出前か!と突っこみたくなる。
TWGがどうこうじゃなくて、そのシステムにルーズさを感じました。

なにはともあれ、
外形そのまま中味は8割がた交換で、生まれ変わったレコーダー。
いまのところSRモードも問題なく録画出来てます。
しかし、INFO WRIGHTの文字が出るとドキッとします。
つい失敗による自己メールがきてないか恐る恐る確認してしまう。
録画中の赤い文字が消えてないか見てしまう。
…正直トラウマになってます。
このトラウマが消える頃に、また症状が出なければいいのですが。

覚書。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/994-8badbab0