/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雨に濡れた二人 ◇10.18 OA

意外とシリアス系なのでちょっとビックリ。
もう少し軽い感じなのかなって思ってたから。
まぁ39歳じゃ、多少の重みはいるよね。

鈴木砂羽さんと和久井さんは、役が逆の方がしっくりきそうだけど、
そのギャップが新鮮といえば新鮮か。
そして鈴木さんの旦那役が、カンニング竹山さんだもんね。
井上和香さんと取り合うのかな?

一番謎だったのが三宅ちゃんこと豊原さん。ゲイの役!?
和久井さんと年下彼のことでひと悶着あるみたいだし。
3人の中でいい味だしてますね。
グサリ胸に刺さるようなこと言ったりして。
3人の誰かと…なんてことあるのかな。

市子の母親の言葉「詮無いこと」
この言葉を繰り返す3人のシーンよかった。
詮無いこと… 
心の隙間に入ってくるようでした

30分のドラマなんだけど、映画見てるようでした。
雨粒や元彼が雨よけしてくれる手を見る市子の目線、
じんわり…きますね。
奈津(鈴木)がエプロンしたまま旦那を探し回ったり、
まりが歩道橋でワルツ(?)を踊ったりと、
ところどころ憂いや哀愁なども漂って。
全体に流れる間も印象的でした。


月9と少しかぶってますね。
しかも文章を起こして小説にしそうなところも同じだ。
ただ20代の恋か仕事か?に比べれば、人生の渋みすら感じます。
あ、苦味って言わなきゃダメか。
…うん見終わったあとに、しみじみとじわじわと胸にせまる。

最初暗いかな?と思ったけど、3人の今後を見ていきたい。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/999-adbbe34d