FC2ブログ

/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 2010*4月~6月 記事一覧

 「退学なんて認めません」5.28 OA 

今週も今ひとつ感が…

花が追試で知り合った宮城。
学費のためにアルバイトするが何度も見つかって停学、
そしてとうとう退学に。
和泉は父親が入院してアルバイト。
生徒会に迷惑かけないように辞表を提出。

そこで大地が思いつく。
生徒会で署名を集め、規則を変えようと。
こんなご時世だし、アルバイト絶対禁止の学校なんてあるのかね~
と思いつつ見る自分。

署名は集まり許可が降りた者だけに、
アルバイトを許すと規則が変更になる。
和泉はおやじが退院するまで、
宮城も学校に戻って追試を受けるが、やはり退学すると。
そして品川の恋も人違い。
入試の時の女子は宮城ではなかった…。

徐々に生徒会が信頼を得ていく展開になってますね。
でも何か物足りない。
次回はなぜか合宿、なぜか温泉?
ドラマで温泉や旅行はマンネリ打破の手法じゃない?
でも楽しそうですね。

【キャスト】

#5
 「消えた少女の真実」5.28 OA 

高城と同期の坂下(財前直見)が、
知人女性・遠野(黒坂真美)の捜索願を提出。
遠野の婚約者・奈良橋(津田寛治)も行方知れずになっていた。
二人はかけおちする計画だったとか。

結果として、坂下が遠野を誘拐して捜索願を出し、
失踪課を利用して奈良橋を殺害する計画だった。
奈良橋が席をはずす間に毒を盛ろうとする坂下。
でも最後の最後で毒を入れられなかった。
高城は水の入ったグラスを弄って反応を伺ってたのでしょうか。
ちょっとした緊張感がありました。

坂下は娘がどこにいるかわからない、
ある日5千万が送られてきて、その後娘が誘拐されたと告白。
バーで会った奈良橋の妻からの依頼で、夫を殺せと。


娘を守るだったとはいえ、
最初から警察に届けていれば、もっと早く娘を保護できたのに。
高城は絶対に見つけてくれる…そう信じてたなら、
なおさら娘を探して貰えばよかったのに。
誘拐しお金を送ってきた犯人もわかってるんだしね。

坂下とのやり取りから、高城が探してるのは娘だと判明しました。
7年前の出来事…最終話は娘を探すことになるのかな?

今回ゲストの財前さん久しぶりですね。
津田さんはあちこちで見かけます。
最近ちょい出の役者さんが同じ顔ぶれだったりする。
それだけゲスト多用のドラマが多いってことかな。

そして次回は、久我山大佐&お母様(娼婦と淑女)
野村さんと越智さんです…なにもコンビで出なくても。
思わず操り人形を探してしまいそう…ちょっと楽しみ。

【キャスト】

#6


 「プロ殺しの甘いワナガケっぷちの女」5.27 OA 

前回借金取りが来ないと思ったら、リコさんに買収されてた。

パットが入らなくなった花。
コーチの荒療治も効き目ない…
ガンガンプレッシャーかけまくりだもの。
賭けゴルフなんて称して実は新聞の札束、
花にいい加減なコーチだと思わせる狙いはなに?
単なるツンデレにしか見えないが。

今出川のライバル、ブサイク芝山はいい奴ですね。
花と妹を焼き肉連れて行ってお土産まで貰って。
妹がいい味出してるわぁ…
子役でコメディが出来るって大したもの。

最初の頃ほどのインパクトはないけれど、
最後まで付き合うつもりです。

#7

 「いけない夜」5.27 OA 

ピーちがナカジを好きになったか…
ナカジ優しいから、ピーちが好きになりそうって思ってた。
…今さらだけど。

しかしモテますね、ナカジは。
ハルでしょ?ピーちでしょ、リンダ。
それに編集長も面接しようかななんて言ってたし。
つか登場人物大半ナカジのことが好きじゃん。
…どこがそんなにいんだろう、どこどこ?

ドクターはちょっと痛々しい。
ナカジとは対象的な男性になってるようです。
自分でハルをこうだって決めつけて枠にはめてる。
付き合って間もないのに夫気取りされてもね。
でもナカジが好きなこと何んとなく感じ取ってて恐いんだよね。
だから余計自分のテリトリーの中に囲ってしまうというか。

余談ですが、ドクターはいつも酔っぱらってるように見える。
月恋のシュウメイもそう見えるときがあるから、呂律のせいでしょうか。

さて、桐子と別れたナカジ。
桐子はタトゥー消したね、跡がほんのり残ってたけど。
傷心のナカジをめぐってヒロイン合戦始まるんでしょうか。
リンダがんばれ!!…笑

適当ですんません。

【キャスト】
#6

 「さようなら、あなた」5.27 OA 

杉山刺されてしまったのか…
ってか刑事で張り込みしてるのに
現場に会いに行っちゃう朋美の空気嫁なさ加減がなんとも。
病院に担ぎ込まれて妻と鉢合わせ。
警察内での杉山バッシング。
娘との約束、旦那の嫉妬心…八方ふさがり。

今回も吹越さん面白かった。
バスタオルをマフラー巻きにしてたり、
不倫させないために妻を家に閉じ込めたり、
携帯解約したり、やりたい放題だけど残念なことに全部裏目。

白いワンピースに当たり散らしたりして、小っちぇぇ…笑
ゴミ箱に向かって愛を叫ぶ、面白すぎだよ。
こうなると朋美夫と杉山妻のコンビ見たい、結託しないかな。
須藤さんと吹越さん、面白い掛け合いになりそう。


陽子は旦那の会社が倒産。
最初は離婚するための夫と愛人が仕組んだのかと思った。
陽子に迷惑がかかるのを心配して離婚、そしてお金を残し、
愛人もお金を渡して子供を育てるようにと。

なのに愛人は自分のことしか考えてなくて、
子供が自分の負担になるような発言をする。
子供を、西川からお金をもらう為のものとしか考えてない?
まぁほんとに子供可愛いかったら不倫相手の本妻に預けないよね。
母親の言葉に傷ついて、真奈は陽子と一緒にいたいと駈け寄ってくる。

あんなに小憎らしかった真奈をとっさに受け止める陽子がカッコよかった。
真奈を連れて大久保を訪ね、3人で一緒に暮らすことを持ちかける。
すると大久保もあっさり受け止める。
陽子と大久保の距離が埋まっていくのを感じます。
離婚や病気を前にして許容していく陽子と大久保は大人ですよね。
朋美や杉山とは対照的。
二人は今を否定して時間を逆行してるような印象を受ける。


さて次回はどうなりますか。
朋美と杉山、その夫と妻のの動向も気になりますが、
それ以上に、大久保と陽子の生活が気になる。
ほんとに3人で暮らしていくの?

【キャスト】
#5

 「こんなに好きだったんだ…」5.31 OA 

面白かった…渡辺健さんの携帯CM。
「おれの~おれの話を聞けぇ~~」

まそれはそれとして…笑。
蓮介とシュウメイこのままハッピーエンドで…最終回でいいんじゃない?
と思った回でした。

篠原さんが切なかったけど、
真絵美のヒロインフラグは立ったかな。
ただシュウメイと蓮がどうういう経路で別れるかなんですよね。
柚月こと北川さんは、ほとんど蚊帳の外でかえって気の毒、同情する。

恋するレゴリスがライバル社に渡って急きょ広告を変更することに。
真絵美が苦労して作りあげた新CMは良かった。

でも自分はどうもシュウメイをうっとおしく感じてしまって。
これって篠原さん側に感情移入してるからかなぁ。
いやいや、みんなが仕事頑張ってるのに、
シュウメイは能天気でイラッとしちゃうのよ。

次回は蓮介が結婚って言ってましたね。
蓮介がシュウメイにうつつぬかしてる間に、水面下で風見が動く?
そろそろ脱落しようかなぁなんて思ってるんですけど…

#3

 「刑事の息子」5.30 OA 

むむ…これ本筋に関係なくない?
息子の事故に、清瀬家が関係してるのかなと思ったらそうでもないし。
上杉刑事と息子を通して、清瀬父と息子の話にしても少し弱いような。
むしろ清瀬の父の顔にクローズアップした感じ。
秘書は愛人に見せかけて清瀬の娘なのかな…
愛人と思わせたい狙いが垣間見える。
そして上杉が秘書の親を罵倒したことで清瀬が殴った。
上杉、確認するためにわざと煽った?

秘書の指にはめられてるのは50円硬貨でしょうか。
50円硬貨は指に入らないか。
小さいころはめたものが抜けなくなったとか?
あの指が解くカギとなりそうだけど、
上杉はもう犯人がわかってるみたいですね。
なら加賀がたどり着くのももうすぐ?

最後でまとめた墓参りのくだりは好きですけどね。
加賀の父親が加賀と松宮では見せる顔が違ったように、
上杉も清瀬も、なかなか自分の息子の夢に理解してやれなかった。
一方疑似的な子供の夢には素直に応援できるのに…
といった親子の話。

次回は清瀬と秘書の関係かな。
そろそろ犯人が絞れて来る頃でしょうか。

【キャスト】

#6

 「最終章…母・薫子登場!!ホステス復讐開始」5.30 OA 

薫子は一体何人いるのですか?
薫子詐欺に騙されました…
てっきり紗也と美樹は同じ人を探してるんだと思った。

美樹の探す薫子は百合ママで一緒にいた男性が美樹の父親。
病気でもう美樹を娘と認識できなかったけど思い出の笛を今でも持っていた。
百合ママは美樹のこと最初から気づいてたんでしょうか…
ついきつく当たってしまうって…
心配して?それとも恋人の娘だから?


店にやってきた世界チャンピオンの宮沢(石垣佑磨)。
宮沢の指名を取るべく戦う美樹と紗也。
宮沢は幼いころ別れた父を探すためにボクサーになったと。
紗也は同じような境遇の宮沢に親近感を覚える。
しかし宮沢は網膜剥離になってしまって…

紗也は店の外で松島(平泉成)に出会う。
宮沢のファンいう松島が宮沢の父親だと気づくのですね。
で、宮沢の目が見えるうちに合わせようと考える。
松島は会社を守るために肩書を捨てて、宮沢に会う決心を固めてた。
宮沢は父親に怒りをぶつけるそぶりがあったものの、
意外とすんなり受け入れました。

この松島は紗也の探す秋田の薫子に心当たりがあったんだけど、
薫子は死んだと言ってくれと頼んだようです。
その薫子が…菊池桃子。
最近80年代アイドルが復活の兆しなんでしょうか。
ま、子育ても終わったしいい頃合なのか。

薫子が死んだと言ってくれといった理由は、紗也を守るためでしょうか…
須藤が探してるホステスも薫子だったりする?
話は薫子探しから薫子の過去へ。
ゴージャスの大ママも絡んでそう。
そして最後に未来へ繋げる流れかな。

そうそう、復縁の兆しが見える純平と紗也。
純平は強引な商売って三沢が言ってたし、
この先事業の危機が訪れそうですね。
その時には紗也が支えになるのかな。
絵美は紗也の周辺をかき回しそうだ。
最終的に誰も薫子と名乗らなかったりして?

【キャスト】
#5

 「絆が繋ぐ…県大会への架け橋」5.29 OA 

最後の砦、火野も加わりました。

航の父親、亡くなるの早い…
父と息子としてわかりあえるのを待ってたかのように死んでしまった。
でも、会えてよかった。
演技を見ていた航の母の
「生まれてきてくれてありがとう」にはジーンときました。

一方火野も父親に認めてもらうことができた。
そして居場所が、仲間ができた。
航と火野のそれぞれ父親と向き合う回。

そして県大会予選。
木山と日暮里が大会の場所が分からなくて迷い、ケンカを売られてしまった。
火野を団体に加えるためとはいえ、少々強引。
やっぱこれからもケンカは部の障害となるのでしょうか。

烏森高校はギリギリ予選突破。
演技場面は見てて楽しかったです。
…若いっていいね(遠い目)

予選突破した烏森ですが、
ど素人の顧問では選手が伸びないと言われてしまいます。
…うむ確かになぁ。
神保さん呼んできてくれたらいいんだけど。
ってことで次回は顧問柏木の回ですね。
きっと顧問は柏木しかいないってことで落ち着くのでしょうが。

#6

 「あの子を返して!」5.26 OA 

ついに道木仁美は継美にたどり着いてしまったか。
寸前のところで奈緒が帰ってきてホッとした。

葉菜のところに身を寄せることになった奈緒と継美。
最初は葉菜に対して距離をとってた奈緒も、
継美のおかげか徐々に心を許す場面も見受けられました。
うっかりさんと継美のしりとり和んだな。
ラッコ体操とかロボット体操とか「う」で終わるのばっかいうんだもん継美。
うっかりさん困って、裏街道とか言ってるし。

継美が葉菜と奈緒の凍った時間を溶かしていく。
少しづつ歩み寄る姿勢を見せる奈緒は、葉菜に尋ねます。
自分がなぜ捨てられたのか…これを超えないことにはね。
葉菜は、刑務所に13年服役していたと告白。
明言は避けたけど、おそらく殺人かな。
もしかしたら奈緒を虐待から守るため?

そんな裏街道を歩く葉菜は、昔のつてを頼り戸籍を準備してた。
うっかりさん…どこまで黒く染まっていくの?
全身全霊をかけて奈緒と継美を守ろうとするのはわかるけど。
さて、奈緒はどうしますかね。

戸籍を買って継美は晴れて自分の子になるかも知れない。
でもそれはなんとなく違う気がする。
大人が外堀を埋めていって、肝心の継美の気持ちはどうなんだろう。
記者が言ってたように、改心した道木仁美が迎えに来て、
それも継美にとっては一つのハッピーエンドなのかもしれない。
だから最後は継美に選択させるべきじゃないかなぁ…継美の人生だもの。
奈緒と生きるなら生きるで母親と対峙しないと、
継美が未来に向かっていけない気がするのね。
甘い考えかも知れないし、現実はもっと厳しいだろうけど。

思いがけないうっかりさんの行動は担当医にも及び、
保険をかけたいので協力してほしいと…
余命いくばくで、
お金を奈緒と継美に残したいと考えたのでしょうが、
担当医が協力するとも思えない。
このことで女医が奈緒に、
葉菜の病気のことを話すきっかけになるかもしれませんね。

いよいよ怜南ママと継美お母さんの対面、
二人の母の間で、少女は怜南と継美どちらの顔を見せるのだろう。

【キャスト】

#6